エンタメのドラマの魅力や製作者たちの思い入れなどが、その作品とどのように関係しているかを書いてみました。

エンタメ界の定番 連続ドラマが大好き!

エンタメ界の定番 連続ドラマが大好き!

エンタメのドラマという本質の理解

脚本の出来不出来にもよるのでしょうが、最初は期待しなかったドラマでも、見ているうちに引き込まれるようなエンタメのドラマがあります。
これは不思議なことですが、脚本も良いのでしょうが、俳優たちもその役にあっている配役ができたのではないかと思います。
一般にのっているという状態なのでしょうが、演技がのびのびしていて、見ていても気持ちが良いですし、演じていても楽しいのではないでしょうか。たぶん撮影やその周りの状況がの雰囲気がとても良いのではないかと思います。
終わった後の俳優の感想も楽しかったという話が多いですね。一方でその反対の作品もあり、なかなか撮影の状況ものっているとは言えないような様子が見えたりします。

その理由のひとつに、脚本や監督、俳優もかも知れませんが、その作品に思い入れが強すぎて、こうでなければならないというような作り方の場合が多いように思います。
時代劇だとその時代のまんまに場面の背景を作り、あまりにも地味になりすぎて見ていて面白くもなんともないようになってしまうとか、逆に派手すぎて演技が浮いてしまったりという感じです。

何も歴史の本や現実の悩みを視聴者がリアルに見たいのではなくて、夢を見たいという場合もあるので、やはり視聴者が楽しくないと人気は出ないのではないかと思います。
真摯な態度でドラマを制作するということは悪くはないと思いますが、あくまでエンタメのドラマということを忘れないで欲しいと思います。

Copyright 2018 エンタメ界の定番 連続ドラマが大好き! All Rights Reserved.